縁結びの神様 夷隅神社

三柱の御祭神の御神徳は、五穀豊穰、農業・ 漁業の守護、航海・ 交通安全、学業成就、商売繁盛、家内安全、厄除開運、病気平癒、及び縁結び、夫婦和合、安産・ 子育て、国土安全、国家安泰など広範囲の御利益があります。特に、素戔嗚尊(すさのおのみこと)*1と稲田姫命(いなだひめのみこと)*2は御夫婦の神様であり、 その子孫である大己貴命(おおなむちのみこと)*3は、縁結びの社として崇められている出雲大社にお祀りされている大国主命(おおくにぬしのみこと)ですので、縁結び、夫婦和合、安産・ 子育ての御利益は特に大きいと言われています。

御神徳

夷隅神社は、明治の神仏分離にともなって、牛頭天王社から夷隅神社と改称され、御祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)と言われていました。  この度、神社の御屋根改修に当たり、仮社殿に御神体を遷座奉斎するため、本殿内部の調査をしたところ、御神体の台座の中から錦布に包まれた御鏡が発見されました。御鏡の中央に 「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)右側に「大己貴命」(おおなむちのみこと)右側に「稲田姫命」(いなだひめのみこと)と刻印されており、御祭神は三柱の神様であることが判明されました。

御祭神

実隅神社は、天正18年、本多忠勝が大多喜城主として入封し、城下町を整備するにあたり、現在地にあった神宮寺を栗山に移転し、祇園院大円寺から牛頭天王(ごずてんのう)を勧進し牛頭天王社を奉斎したのが始まりです。牛頭天王(ごずてんのう)は、インドの祇園精舎の守護神と中国の陰陽道とが習合した神が、我が国では更に素戔嗚尊(すさのおのみこと)と習合した神格とされ、京都の祇園社八坂神社の御祭神でもあります。

御由緒

*1 素戔嗚尊(すさのおのみこと) は、天照大神の弟神であり、日本神話の主役として重要な一翼を担う神様で、八岐の大蛇退治や国土経営を行う英雄神としての存在が大きい。
*2 稲田姫命(いなだひめのみこと) は、櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)の別名で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)の妻でありその子孫に、 出雲の神々の中心をなす大国主命(おおくにぬしのみこと) 別名大己貴命(おおなむちのみこと) がいる。
*3 大己貴命(おおなむちのみこと) は、大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名であり、国土主宰の大国主の神として出雲大社の御祭神に奉られる前のお名前で 「因幡の自兎」などの神話に登場する神様です。

参拝の作法

入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入ります。
手水舎の水で心身を清めます。
二拝二拍手一拝の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。
二拝二拍手一拝
  • 深いお辞儀(拝)を二回繰り返します。 [二拝]
  • 次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、 肩幅程度に両手を開いて拍手を二回打ちます。 [二拍手]
  • そのあとに両手をきちんと合わせながら心を込めて祈ります。
  • 両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀(拝)をします。 [一拝]
毎月5と0のつく日に夷隅神社境内で8:00~12:00頃まで開催されます。
約30店舗が出店し、大多喜町で採れた新鮮な山の幸や、近郊の海の幸が並びます。

値段も通常の2~3割安とあって、開催日には地元の人はもちろん、朝市目当ての観光客や近隣の人たちでにぎわいます。

夷隅神社の朝市

夷隅神社は房総の小江戸と言われる、城下町大多喜の総鎮守として鎮座する神社です。地元の方々には毎月5と10の付く日に開催される朝市(六斎市)でおなじみの神社です。しかし神社の歴史や御祭神、御利益などについては、ひろく知られていないのが現状です。
特に縁結びの神様としての御利益のある神社ですが、このこともあまり知られていません。
そこで地元の方々はもとより、観光のためにわざわざ大多喜町を訪れてくださる方々にも、もっとご理解をいただき、御参拝をお薦めできますように、これからも情報を発信してまいりたいと存じます。
夷隅神社 宮司  最上秀雄

夷隅神社 宮司  最上秀雄

ご祈祷

「ご祈祷」は「ご祈願」ともいい、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事です。通常の参拝は、社殿の前に置かれている賽銭箱にお賽銭を入れて拝礼(「参拝の作法」参照)をすればよいのですが、お祝い事、家内安全や厄除(やくよけ)などの特別なご祈願があるときには、社殿に上がって参拝することができます。
夷隅神社では、年間を通じて次のような各種ご祈祷を受け付けております。
初宮詣七五三詣合格祈願学業成就成人奉告
就職祈願良縁祈願厄除祈願家内安全商売繁昌
車祓交通安全旅行安全病気平癒身体健康安産祈願
心願成就社運隆昌事業繁栄工事安全神恩感謝
詳しくは(電話:0470-86-4674) 宮司 最上 までお問い合わせください。
名称 夷隅神社(いすみじんじゃ)
住所 千葉県夷隅郡大多喜町新丁63-12
アクセス いすみ鉄道「大多喜駅」より徒歩約8分
駐車場 町営駐車場あり

大きな地図で見る